好きなことに貪欲に! 仕事も、家庭も、趣味も、どんどんよくばっていこう!!

初心者のための作曲・音楽理論/コード進行応用編

2018/03/19
 





この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。

どうも、デニムです!

 

 

先日の記事で、基本的なコード進行の作り方を解説しましたが、今回はその応用編です。

 

 

基本的なコード(ダイアトニックコード)ばかり使って曲をつくると、それはそれで曲として成り立つことは成り立つんですが、少し味気ない感じになりがちです。

 

 

そこで、これから説明するコードを織り混ぜることで、アクセントをつけたり、表現の幅を広げることが出来るんですね。

 

 

では、説明していきます。

 

 

セブンスコード、メジャーセブンスコード

 

例えばCのコードはド・ミ・ソという3つの音で構成されていますが、ドの音をルート(1度)、ミの音を長3度、ソの音は5度と言います。

 

 

 

長3度はルートから半音4個分、5度は半音7個分上の音です。

 

このCコードに、さらに短7度の音(半音10個分上)つまりシ♭を追加したものが、Cのセブンスコードになります。C7と表記します。

 

 

短7度ではなく長7度であるシの音(半音11個分)を追加すると、Cのメジャーセブンスコードになります。CM7やC△7と表記します。

 

これらのコードはブルースとかジャズなんかでよく使われていて、簡単に言うとちょっとオシャレな雰囲気をもたらしてくれますよ。

 

スポンサーリンク


ドミナントモーション & ツーファイブ

 

 

これらはポップスでもよく使われるテクニックですね。先ほど解説したセブンスコードを使います。

 

 

まず、ドミナントモーションとは、ドミナント7th→トニックという進行のことを言います。

 

トニックをCとするならば、ドミナントはGなので、

 

G7  →  C

 

となります。

ドミナント7thは、非常に不安定な和音で、ものっすごいトニックに行きたがりなんですね。だから、ただ単にG → Cっていう進行よりも、トニックに落ち着いたときの感じが強調されて、いい感じになるのです。

 

そして、ツーファイブとはその名の通り、トニックを1として2番目のコードから5番目のコードへ進行するという意味です。つまりCがトニックなら Dm7→G7 となります。

 

さっきのドミナントモーションに繋げてみると、

 

Dm7  →  G7  →  C

 

という進行になります。

 

ただ単に3コードで 、F → G → C という進行よりも、美しい流れだと思いませんか?

 

 

セカンダリードミナント

 

これは少々ややこしくて説明も難しいんですが、使い方を覚えるとなかなかいいアクセントになります。

 

例えば、

 

C→Dm7→G7→C

 

という進行があったとします。この中のDm7の部分にセカンダリードミナントを使ってみます。

 

セカンダリードミナントとは、『あるコードを一時的にトニックと見なして、ドミナントモーションをつくる』という技法です。

 

言葉だけだと分かりづらいですよね(´д`|||)この場合Dm7を一時的にトニックとします。ドミナントモーションは先ほど解説したように、ドミナント7th→トニックなので、A7 → Dm7です。

 

先ほどの進行に当てはめると、

 

 

C→A7→Dm7→G7→C

 

となりますね。

 

赤字部分のコードの構成音のひとつが、ド→レ♭→レ という風に半音ずつ上がっていき、とてもキレイな流れを生み出していますね。

そしてA7はキーCのダイアトニックコードではないので、それがいい感じのアクセントにもなります。

 

スポンサーリンク


まとめ

 

今回は

  • セブンスコード・メジャーセブンスコード
  • ドミナントモーション・ツーファイブ
  • セカンダリードミナント

 

について解説しました。

 

ただ注意してほしいのは、『じゃあ曲を通して全部セブンスコードとかセカンダリードミナントを使いまくればそれでいいの?』とかって、そんなわけではありませんからね(((^_^;)

 

曲によっては、3コードでガツーンとストレートに鳴らすのが似合う曲だってあります。大事なのは、『どの技法をどこで使うか、どこで使わないか』だと思います。これらの技法はあくまでも、表現方法のひとつだと考えましょう!

 

 

さて、まだ他にもまだコード進行の技法はいろいろあるので、またそのうち更新したいと思います。

今日はこの辺で!

 

ではでは!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© デニムのよくばりライフ , 2018 All Rights Reserved.