好きなことに貪欲に! 仕事も、家庭も、趣味も、どんどんよくばっていこう!!

YAMAHAエレアコの電池ボックスが壊れたので、初めて交換してみた感想

2017/10/30
 





この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。


どうも、デニムです。

 

 

久々の記事です。ここんとこDTMの勉強と曲作りに集中していたので、ブログ放置してしまいました(((^_^;)

 

 

でも10月中くらいには曲が出来上がりそうなので、出来上がり次第このブログでもUPしたいと思いますので、是非とも聴いてみて下さいな♪

 

 

 

さて今回ですね、自宅でエレアコの録音をするべく、楽器をIFを通してPCにセッティングしたんです。

 

 

で、音出そうとしたんですが、

 

「あれ?音出ねえ。。。。。。」

 

 

生音はもちろん聞こえるけど、ヘッドホンから全く聴こえない。

 

 

そこで自分の初歩的なミスに気づいたのです。

 

 

「あ、前回使ったときから、電池入れっぱなしだ!」

 

 

まさかと思って電池ボックスを開けると、そのまさかでした。

 

 

「あー、電池液漏れしとる(T_T)」

 

 

古い電池だったので放電して液漏れした模様。。。

 

 

漏れた液体はすでに固まっていたので、金属部分をガリガリ削ったりしてなんとか通電しないか試したのですが、ダメでした(T_T)

 

 

 

というわけで、

人生初の電池ボックスの交換作業開始です!(ドキドキ)

 

 

購入した楽器屋に問い合わせたところ、メーカーに在庫あるようなのでとりよせてもらいました。ちなみにYAMAHAのFSX755SCというエレアコです。

 

店員さんいわく、

 

「ウチで交換することも出来ますけど、そんなに難しくないから、ご自分でやってみます?」

 

とのことだったので、やってみることにしました(*^O^*) 自分で出来れば、料金は電池ボックス代だけなので約700円で済みます。

 

 

まず、コントローラー部分のネジ2箇所をはずし、内側にある白いコネクタをはずします。

 

 

 

電池ボックスは両脇の爪を起こしながら引っ張るか、内側から押すととれます。とれたらあとは新しい電池ボックスを押し込んで入れて、さっきはずした線をコネクタに差し込む。コントローラー部分を戻してネジ止めして終了です!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

ちょっと注意点がひとつ

 

取り寄せた電池ボックスなんですが、ボディーとの間に挟めるパッキンが付属してなかったので、もし交換する際は間違ってパッキン捨てないようにしましょう。自分はあやうく捨てそうでした!アブネー(^-^;

 

 

まとめ

 

 

楽器屋の店員さんが言った通り、初体験でも自分は以外と簡単に出来ました!

 

でもあんまり雑にやると、基盤やボディーに傷つけたりしてしまって大事件に繋がることもありますので、不安な方はリペアしてくれるお店に頼んでもいいと思います!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© デニムのよくばりライフ , 2017 All Rights Reserved.