好きなことに貪欲に! 仕事も、家庭も、趣味も、どんどんよくばっていこう!!

オススメ小説/村山由佳の代表作・天使の卵シリーズを紹介してみる

2017/07/23
 





この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。

どうも、デニムです。

 

 

毎日暑くていやになりますねぇ。この季節は涼しい屋内で読書に限りますね!

 

 

ということで今日は、村山由佳先生の『天使の卵シリーズ』を紹介したいと思います!

 

 

天使の卵シリーズは、『天使の卵』『天使の梯子』『天使の柩』の3作と、スピンオフ作品の『へヴンリー・ブルー』からなる、村山由佳先生の代表作とも言える恋愛小説です。

 

『天使の卵』は小説すばる新人賞を受賞し、市原隼人・小西真奈美主演で映画化もされました。『天使の梯子』も、ミムラ主演でテレビドラマ化されました。

 

自分は初めてこのシリーズを読んだとき、『なんて儚くて、切ない物語なんだろう』と思いました。ネタバレしない程度にストーリーを説明していこうと思います。

 

天使の卵

 

 

進路に悩む予備校生(画家志望)の一本槍歩太(いっぽんやり・あゆた)は齊藤夏姫(さいとう・なつき)という彼女がいながら、8歳年上の五堂春姫(ごどう・はるひ)を好きになってしまう。

 

春姫が自分の父親の主治医(精神科)で、しかも夏姫の実姉だということが発覚するも、好きな気持ちは止められなかった。そして春姫の方もしだいに歩太に惹かれていく。夏姫への罪悪感と葛藤しながら。

 

そして、悲しすぎる結末が訪れる(T_T)

涙なしではみられませんです!

 

是非実際に読んでみて下さい!

 

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

村山 由佳 集英社 1996-06-20
売り上げランキング : 66955

by ヨメレバ

 

天使の梯子

 

天使の卵の10年後の物語です。ちなみにタイトルの『天使の梯子』とは、雲間から射す日光が筋状に大地に降り注ぐ様子を言います。この記事のアイキャッチ画像がまさにその『天使の梯子』です。

 

カフェでバイトしている古幡慎一(ふるはた・しんいち)は、高校時代の恩師である齊藤夏姫と偶然再開し、恋に落ちる。

 

夏姫もしだいに慎一に心を開いていくのだが、まだ10年前の春姫とのことに責任を感じていて、自分を許すことができないでいた…。

 

でも、この10年苦しんできた夏姫は、8歳年下の慎一と出会い惹かれ合うことで、やっと救われたのです。よかったね(T_T)

 

でも、歩太は?いつになったら救われるの?

 

その答えは完結編の、天使の柩にありました。

天使の梯子 Angel’s Ladder (集英社文庫)

村山 由佳 集英社 2007-10-19
売り上げランキング : 113373

by ヨメレバ

 

へヴンリー・ブルー

 

天使の卵から天使の梯子までの物語を、夏姫からの視点で描いたスピンオフ作品です。

ヘヴンリー・ブルー (集英社文庫)

村山 由佳 集英社 2009-01-20
売り上げランキング : 229341

by ヨメレバ

 

 

スポンサーリンク


 

 

 

天使の柩

 

天使の卵から14年後、天使の梯子からは4年後の物語になります。

家族の愛情に恵まれず、学校にも馴染めない中学生の少女・天羽茉莉(あもう・まり)は、公園で小学生に虐待されているネコを助けようとして、危ないところを歩太に助けてもらう。

 

それがきっかけで歩太、夏姫、慎一と仲良くなり、はじめて居心地のいい場所を見つけることが出来たのだが…。

 

はい、この作品でようやく歩太が救われたんです。本当に本当に、よかったです(*´ω`*)

 

結末は是非実際に読んで確認してください‼

天使の柩 (集英社文庫)

村山 由佳 集英社 2016-06-23
売り上げランキング : 172391

by ヨメレバ

 

まとめ

 

 

天使の卵が1994年発行で、天使の梯子が2004年、そして天使の柩が2013年と、約20年に渡って描かれたこのシリーズですが、完結編を読み終えて、ようやく胸のつっかえがとれたような、すっきりした気持ちになりました。

 

自分が読書にハマり始めた頃に読み始めた作品だったので、ついに完結したのねーと思うと感慨深いものも感じます。

 

 

天使の卵の結末が悲しすぎて、この先どうなってしまうのかと思っていたけど、歩太が幸せを手にしてくれたのは本当に嬉しかったです(*´ω`*)

 

しかし村山由佳先生の描く物語は、美しくて儚くて、そして繊細で。読んでいて心地いいです。

 

最近の作品は実はあんまり読んでないのですが、この『天使の卵』シリーズはマジでオススメです!

是非是非読んでみて下さい!

 

今日はこんなとこで。

ではでは!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
30代二児のパパです。会社員。趣味はギター、唄、作詞作曲編曲、DTM、読書。YouTube、Sound Cloudで自作曲やカバー曲公開中。 オーディオストックにて、ジングル、BGMを販売しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© デニムのよくばりライフ , 2017 All Rights Reserved.